用瀬の嶽 2ルンゼ・ルートガイド

エリア概要

  • アプローチ
    用瀬小屋から→舗装された遊歩道を上流へ50mほど行くと、右にガレ状の道があります。これが2ルンゼへのアプローチで、最下部「やさしいフェイス5.10a」まで小屋から約5分弱、最上部休憩ベンチまで約10分弱です。
    アプローチ図は、じゃろう岩のページを参照下さい。

* 用瀬小屋までのアクセス * 用瀬クライミング広場条例

  • グレード  5.9~5.12b 初級~中級者向き
  • 平均傾斜 100度
  • シーズン  通年(初夏~夏は染み出すことが多い)
  • 日当たり 春~秋、雨が降り始めた日は1日登れることが多いですが、雨後の染み出しには弱いエリアです。冬場でも晴れた日は多少日が当たり登れます。しかし、季節風が吹く日は非常に寒いので不適です。
  • マナー 焚き火は慎みましょう。遊歩道を通行する地元の人には挨拶しましょう。トイレは小屋又はキャンプ場を利用しましょう。樹木の伐採は厳禁です。

2ルンゼ2ルンゼは、「岡山エリア」「じゃろう岩」とともに備中では最も古いエリアです。傾斜はそれほどないものの、各ルートともに石灰岩特有のコルネがよく発達していて、多彩なムーブを楽しめます。
用瀬小屋からも近く、ルートも面白いということで昔から人気の高いエリアです。 グレードは、5.9~5.12bまでと今の感覚では初中級レベルですが、質の高い好ルートが並んでおり、中でも「寺島ルート」「半分バナナ」は備中での5.12・5.11の登竜門的存在の大人気ルートです。

エリアの注意点としては、落石の多いルンゼのためヘルメットは必須アイテムであることと、「クライマーが多い場合は、無理して登らない。又は他のエリアへ移動する」「アプローチでは中途半端に離れて歩かない」…等々、落石に対する様々な配慮が求められます。


ルートガイド

* ルート図を印刷する(pdf) 2ルンゼルート図 A

1.やさしいフェイス  5.10a  B5本(石原伸俊) あんまりやさしくないような…。

2.かぶったエイト 5.9 ★ B4本(森脇茂) 楽しいルートです。アップにどうぞ。

3.ハニワの涙 5.10? B4本(小川裕子) ほとんど登られていないルートですが、ネーミングはNiceですね。

4.鮫の頭 5.12a B7本(野上誠一) このルートもほとんど登られていません。オリジナルライン(5.11b 設定・小川裕子)もあります。

5.林田節 5.11b ★ B5本(林田裕志) 「いかにもハマりルート」…みたいな感じですが、実は結構楽しかったりもします。

6.マダムミッシェル真昼の情事 5.12b ★ B5本 (大工英晃) 2ルンゼで最初に引かれたライン。とらえどころのない細かいホールドに耐えられるか~?!

7.バットマン 5.11b/c ★ B6本(林田) 気の抜けないフェイスルート。

8.奥の手 5.11a ★★ B6本(林田) 前傾ガバとスラブの調和がグット。

9.象の鼻 5.11b ★★ B7本(森脇) 前傾コルネに消耗、ムーブが楽しいです。

2ルンゼルート図 B

10.身の程知らず 5.12b ★ B6本(森脇/岩崎仁司) 厳しいカチルート。

11.濡れた豆 5.12a ★★★ B9本(野上) 見た目、中間部の棒状コルネがポイントっぽいですよね…。やはり東京モンより伝えられたキョンなのでしょうか。

12.寺島ルート 5.12a ★★★ B9本(寺島由彦) 昔は岡山クライマーの夢と憧れのルートでしたが、今では備中の5.12登竜門的ルートとなっています。間違いなく三つ星。「濡れた豆」との間にあるルートは「トレーニングルート
5.12-」です。

13.半分バナナ 5.11c ★★★ B7本(野上) 多彩なムーブのベスト5.11ルート。オンサイトしてください!

14.濡れた棒 5.11d ★ B11本(羽原幸士郎) 「13」をクリアして左のハングを越えます。自然の造形に驚くことでしょう。

15.バナナおくれ! 5.12a/b ★★★ B12本(野上) 2ルンゼで一番長いルートで、2ルンゼの顔!上部ハングはクリップしてから越した方が無難です。 終了点からさらに上部まで登れますが、グレードは変わりません。

16.雲の巣の上の人 511c ★ B10本(戎谷多加志) どこまでも続くガバに消耗します。

17.フェイス 5.11a ★★ B8本(戎谷) 楽しくガバが続く石灰岩らしい好ルート。

18.ダンゴのリズム 5.10c ★ B6本(戎谷)  コルネでダンスを踊りましょう。 ・ルート紹介

19.トゥー・ボトル・オア・ノット・トゥー・ビー 5.12a B6本(林田)! 厳しいフェイスルート。このルートと「ぼっけぇさみぃルート」は、落石を誘発して危険です。登らない方が無難。

20.ぼっけいさみいルート 5.11b/c B6本(森脇)! コーナーをいきます。このルートも「19」同様に落石には注意。

★★ スターグレード。面白さ・ルートの質・人気度を示します。基本的に三ツ星が最高ですが、日本を代表するようなルートには四つ星が付きます。
! プロテクションやランナウト、岩の脆さ等、危険なルートに付きます。

【警告】

当エリアガイドは、クライマーへの情報提供を目的に公開していますが、情報の正確性及び完全性を保証するものではありません。また時間の経過により、掲載内容が現状と異なっていることがあります。クライミングは本質的に危険を伴うスポーツです。未経験者は必ず適切な指導者のもとで行ってください。すべて責任はクライミングを行なうあなた自分自身が負うものです。閲覧者様が当エリアガイドの情報を利用することによって生じるいかなる損害についても、サイト運営者、ならびに高梁川流域クライミング交流会運営委員が責任を負うものではありません。

* エリアでの注意点・マナー


Comments are closed.