特に注意が必要なエリアと注意点

以下にあげたエリアでの注意点は、この流域で登る上で特に注意していただきたい項目です。クライマーの皆さまには、以下にあげた注意点を十分理解した上でクライミングを楽しんで頂くのはもちろんですが、その他につきましても常識の範疇で判断していただきクライミングをお楽しみいただくようお願いいたします。


★備中周辺

 〔ニューエリア〕

  • アプローチは必ず山道からお願いします。 コンクリート車道(鉱山道路)は私有地です。日曜日も含めて絶対に通行しないでください。

用瀬エリア入り口の看板

 〔長屋坂〕

  • 通行車両の迷惑になるような駐車はやめてくだい。
  • 長屋坂では特に、ゴミ、用便のマナーを徹底してください。

 〔2ルンゼ・1ルンゼ・センターロック〕

  • これらのエリアは、落石の非常に多いエリアです。ヘルメット着用はもちろん、落石に対する安全対策を万全に行なってください。

 〔権現〕

  • 権現を訪れた場合、こちらの注意点を守ってください。
  • 「林道横松線」における車の通行量は決して多くはありませんが、まれに2トンクラスの通行もあります。通行車両の迷惑になるような駐車はやめましょう。

 〔羽山〕

  • 羽山は観光地であるとともに、比較的交通量がある県道に面した特殊なクライミングエリアです。
  • 羽山を訪れた場合、こちらのルールを厳守してください。

 〔羽山渓谷・天龍エリア〕

  • 遊歩道降り口には駐車しないでください。近辺の駐車場についても観光客や地元が優先、駐車マナーを守ってください。

 〔白滝〕

  • このエリアには、駐車スペースがありません。下の県道等で駐車違反にならない場所を各自で確保していただき、徒歩でのアプローチをお願います。

 〔原滝山〕

  • 原滝山トライアルパーク及び路上駐車は一切しないようにお願いします。トライアルパークは原滝山エリアの駐車場ではありません。絶対に駐車しないでください。
  • 原滝山には、お二人の地主さんが居られます。駐車場及び岩場の地主さんと岩場へのアプローチの地主さんです。
    駐車は周囲の農作業の障害にならないよう近くの民家に(黒川、前原)さんに声かけして駐車とクライミングして下さい。
    駐車場は入山口に向かって右側の広い空き地です。駐車料金は500円です。下山時もお礼の意味を込めて挨拶をして下さい。
  • お二人の地主さん宅ですが、アプローチの地主さんの前原さんは入山口より手前100メートルで倉庫のある家です。前原さんの二軒隣のお宅が駐車場と岩場の地主さんです。
    不明な点は杉田商店(0866-45-3106)まで問い合わせ下さい。
  • エリアへのアプローチは、画像の小屋左より回りこんで進入をお願いします。原滝アプローチ

 〔リバーパーク〕

  • 採石場周辺には駐車しないようお願いします。このエリアには、特に決まった駐車場はありません。地域とのトラブル等を起こさないよう、節度ある行動をお願いします。

 〔勝山の岩場〕

  • 竜宮岩の駐車場を利用する場合、クライマーは右側の砂利に駐車してください。駐車場は観光客のためのものです。左のトイレ側に長時間駐車すると観光客が迷惑します。
  • 竜宮岩でのボルダリングは禁止とします。
  • 竜宮岩一帯はキャンプ禁止です。キャンプはやめてください。

★帝釈峡

 〔岩谷〕

  • エリアへのアプローチ林道は私有地です。林道には絶対に駐車しないでください。また、県道の広くなったスペースも、数時間に及ぶ駐車は駐車違反の対象となります。クライマーは必ず、遺跡の前の川側スペースを駐車場として利用してください。地域とのトラブル等を起こさないよう、節度ある行動をお願いします。

 〔第二道場〕

  • 落石の多いエリアです。ヘルメットを被りましょう。

 〔花子岩〕

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※ここで紹介した各エリアの注意点は、高梁川流域で登る常連クライマー諸氏から頂いた情報と、これまでに全国各地で起こったアクセス問題の共通点をもとにTCNetが独自にまとめたものです。したがって、公式に取り決められた規制等ではありません。

Comments are closed.