笹の茶美人 5.12d(備中・権現谷)

権現谷には、スケールのあるストレニュアスな好ルートが並んでいる。
その中でも「笹の茶美人」は、「もも(5.12a)」や「下には下がおる(511d)」とともに、権現だけでなく備中を代表する質の高い人気ルートだ。

私が始めてこのルートを登ったのは、今から10年前。5、6回目でR.Pした記憶があるが、自身初めての5.12+の完登だった。
取り付きがルーフになっていて、2~3級くらいのボルダームーヴでスタート。
初めはその部分をとばして、上部のルート部分(今は”さの茶”と呼ばれている)だけを登り、その後下からつなげて完登した。
今では、ボルダーからスタートしても、上だけ登っても「変わらない」などと言っているけど、当時のレベルではいっぱいいっぱいだったのだろう。

上部は、美しい前傾壁に散らばるカチが核心終了まで続き、その一手一手にムーヴがあるので面白い。ホールドはどれもよくかかり、そこまで悪いという感じではないが、最後までレストができないので、パワーエンデュランスな内容となっている。

昔のトポに「エキスパート向けの好ルート」と紹介されているが、今のレベルではエキスパート向きはともかく、好ルートであるのは間違いない。
権現には今でもよく行くが、このルートは行けば必ず1回は登る、何回登っても楽しいルートだ。

(2007/07/04に公開)
——————————————————————————–

* エリアでの注意点・マナー


This entry was posted in おすすめルート紹介. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。