男の花道 5.13c (備中・羽山渓)

今さらここで紹介するまでもなく、「男の花道」は備中を代表する素晴らしいラインである。

開拓者の森脇氏は、備中で数多くの『傑作』を拓いておられるが、その数々のルートの中でも、「男の花道」が氏の最高傑作の一本であることは間違いない。
当初ルート名に“男”はなく、「花道」であったことは感慨深いが、それにしても「男の花道」、なんと渋いルート名なんだろうか。

私が「男の花道」を完登したのは8年ほど前で、確かサイコネス(学力石)を完登した二週間後に完登した。パワーエンデュランスかつ、テクニカルな内容に苦労したが、5回目くらいでRPしたと記憶している。
この時の私は、怪我明けの絶好調期というか、次々に狙ったルートを落とせて調子に乗っていたが、憧れの「男の花道」を完登できたことは非常に嬉しかった。
RPしたあとも、持久力トレーニングとしてよく登ったが、いつも頭が真っ白になるくらいパンプして再登できる確率は低い。

「男の花道」は、右のハング帯に比べて傾斜はないが、休めないカチが連続するため非常にストレニである。「棲竜門」が全身パンプ系なら、「男の花道」は前腕死後硬直系かな(笑)。
ユージさんや松島君ですらオンサイトに失敗しているが、去年、岩場経験に乏しい安間くんがオンサイトしたとき、そのパフォーマンスに言葉もなかった。本当にビックリだったわけだけど、安間君がどこまで行くのか非常に楽しみである。

ご存じ羽山は三つ星ルートが並ぶ★だらけのエリアだが、「男の花道」には五つ星を与えたい。

(2007/10/15に公開)
——————————————————————————–

* エリアでの注意点・マナー


This entry was posted in おすすめルート紹介. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。