2ルンゼ「ハニワの涙 5.11a」

フリークライミング日本100岩場⑤中国・四国・九州増補改訂版で「ハニワの涙」は5.8から5.11aへとグレイドが一挙に6段階も特進した。

私が最初に「ハニワの涙」を目にしたのは今から10年程前だったと思う。

イレブンも登れない時に5.8とのグレイドに、これなら登れると思いルートを観た途端『これは無理!』と拒否反応を起こした。

それから何度2ルンゼに通ったかしれないが、「ハニワの涙」を横目に見ながら5.8はありえんやろ…
と思い続けて来た。

2ルンゼはコルネが発達していて「ハニワの涙」以外は全てのルートにコルネがある。

「ハニワの涙」はのっぺりとした垂壁に縦、横、斜めにクラックが走っていて一見顕著なホールドが見当たらない。

ルートの長さは約12m程でボルト数は4本。
そして4本のボルトが測ったように等間隔に設置されている。

登る前はええ加減なボルト位置なのではと思っていたが、先日登ってみると確かなクリップホールドがあった。

登った感想だが、備中開拓クライマー諸氏が5.8とのグレーディングは理解出来た。

備中常連の方ならお分かりだろうと思うが、備中でイレブン以下のグレーディングがホンマにええ加減なのだ。

例えば、岡山エリアには多くの5.8のルートがあるが5.10ノーマルでも厳しいし、杉田ロックの「フクちゃんのC 5.11c」は当初5.10cだった。

備中にあって異彩を放つ「ハニワの涙」はジム出身クライマーには途方もなく難しく感じるだろう。

ただ身長が175cm以上のクライマーには簡単に感じるかもしれない。

私は垂壁、細カチが好きなので楽しく登る事ができたお勧めのルートです。

ただし1ピン目が遠いので自信のないかたはプリクリップをお勧めします。

そして登られた方は感想をいただければ有難いです。


This entry was posted in おすすめルート紹介. Bookmark the permalink.

One Response to 2ルンゼ「ハニワの涙 5.11a」

  1. mameo says:

    鮫の頭の取り付きから壁を見ると、ハニワが泣いているようにみえるんですか?
    それは知りませんでした。
    こんど見てみますわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。