クラッシャーリョウ 5.12b (白滝の岩場)

「クラッシャーリョウ」のある白滝の岩場は、ルートの質、スケールともに申し分のない岩場で、備中屈指のスケールを誇るエリアである。
しかし、未発表のためにほとんど知られておらず、あまり登られていない岩場でもある。
どこにも発表されたことがないうえトポさえもなく、それに加えて用瀬周辺のメインエリアから離れていること、岩場が鬱蒼とした杉林で陰気な雰囲気であることなどが、最近クライマーが訪れない理由だろう。

「クラッシャーリョウ」は、いかにも石灰岩らしいコルネをつなげて登る長い持久力ルートで、このグレードの備中のルートの中では数少ないオンサイト向きの好ルートだろう。

この岩場があまり登られていないもう一つの理由として、駐車スペースの問題がある。岩場のすぐ横の駐車スペースは、詰めて置いても2台が限界で、そこに停めれないときは、下の県道の広いところに停めて歩かなければならない(アプローチ20分くらい)。

白滝にはプロジェクトがまだ3本残っている(うち一本は5.14以上は確実)。
今年こそはプロジェクトを完成させるべく、秋からは通いたい。

★ルート紹介(右から)
プロジェクト(5.14?)
クラッシャーリョウ 5.12b☆☆☆☆
チラベルト 5.12b/c☆☆
move13 5.12c☆
ファンタジスタ 5.12d☆☆
岩崎ルート 5.13a
プロジェクト(打ちかけ)
プロジェクト(5.13+?)
(詳しいトポはいずれアップします)

白滝の岩場は民有地である。訪れたときは、植林地の中で登らせてもらっているという意識を持ち、節度ある行動をお願いしたい。
駐車は下の県道にした方が無難だろう。

(2007/07/04に公開)
——————————————————————————–

* エリアでの注意点・マナー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。