権現谷・ルートガイド

エリア概要

権現谷権現谷は、備中の中では比較的初期に開拓された岩場で、「アプローチが0」「手頃なグレードのルートが多い」「質の高いロングルートが並ぶ」「林道に車の通行がほとんどない」といった好条件が揃っていて、開拓当初から人気の高いエリアです。
この岩場を初めて訪れるクライマーは、突然林道に現れる巨大な白い壁にまず驚くようですが、権現ほどクライミング環境に恵まれた岩場は全国的に見ても珍しいのかもしれませんね。

この岩場の開拓者でもある 故・野上誠一氏も、「権現は日本で指折りのエリアじゃ…!」と生前よく仰っていました。
権現谷アプローチ図

アプローチ
用瀬小屋から県道33号線を新見方面へ5キロほど行くと、左に県道106号線(布賀油木線)が分かれるので、そこが権現谷の入り口です。
県道106号線を2キロ程度進むと、県道106号線は右折して平川郷へと上がるので、それを行かずさらに直進します(自然に県道299号布賀地頭線となり
ます)。さらに約1キロほど行くと、右に「林道・横松線」が分かれるので、あとはこの林道を「権現・河原エリア」「パンダエリア」などを左に見送り、5キロほど行けば岩場です。
※「林道・横松線」は道幅が狭く、自然落石も多いので十分注意して通行してください。「林道横松線」における車の通行量は決して多くはありませんが、まれに2トンクラスの通行もあります。地元車両が優先です。通行車両の迷惑になるような走行・駐車は絶対にやめてください。

  • グレード  5.11a~5.13b 中級~上級者向き
  • 平均傾斜 110度
  • シーズン  春~秋(初夏~夏は染み出すことが多い)  冬は寒すぎて無理でしょう。
  • 日当たり 権現は夏でも涼しいなどと言われていますが、夏場はよく日が当たるので暑いです。また、雨後の染み出しにも弱いエリアなので、梅雨~真夏の時期の状態は良いとはいえません。やはり秋から晩秋がベストシーズンで、この時期は多くのクライマーで賑わいます。
  • お願い 
    • 権現谷エリアで登る場合、こちらのお願いを一読してクライミングしていただくようお願いします。

ルートガイド

* ルート図を印刷する(pdf)

権現ルート図

1.大飢饉 5.12a ★ B7本(野上誠一)
平成6年の渇水のときに拓かれたライン。

2.下には下がおる 5.12a ★★★ B10本(森脇 茂)
権現谷きっての好ルートです。終了点が2メートルほど上って、さらにルート性が向上しました。

3.センデロルミノソ 5.12c ★ B7本(野上)
核心の前後も気が抜けません。
ルート紹介

4.河原べいと 5.11c ★★ B9本(森脇)
ガバが続く前傾壁。

5.でえかでえどけぇにでえてえたでえこんてえてえて 5.12c ★★★ B14本 (田淵則明)
4.のロングバージョンで権現で一番長いルート。オンサイト向きです。

6.三勤交代 5.12d ★ B10本(野上)
発達しきっていないコルネを登ります。ムーブの解読は初見では不可能?

7.渇水対策 511d ★ B6本(野上)
落ち着いてホールドを探しましょう。

8.逆さでシェイク 5.11c ★★★ B12本(森脇)
もともとは「もも」のバリエーションでしたが、いつしか独立したルートに。オンサイト向きの好ルートです。

9.逆さでシェイクシェイク 5.12a ★ B14本(羽原幸士郎)
8.のロングバージョン。ワンムーブあります。

10.もも 5.12a ★★★★ B11本(森脇)
権現の看板ルート、どこまでも続くガバに消耗します。

11.スーパーもも 5.12b ★ B13本(田淵)
「もも」のロングバージョン。

12.横綱 513b ★ B5本(野上)
初段くらいのボルダーです。

13.縄文人の逆襲 5.12c ★ B4本(野上)
1、2級くらいのボルダーです。

14.蛇の道は蛇 5.12c ★★ B9本(野上)
テクと持久力が必要、多彩すぎてしびれるでしょう。

15.ダイレクトスタート 5.13b B10本(野上)
厳しいボルダースタート(推定二段)。

16.天下ご免のむこう傷 5.12a ★★ B9本(羽原)
2、3級くらいの楽しいボルダーでスタート。ガバが続き楽しいルートです。

17.笹の茶美人 5.12d ★★★ B8本(森脇) 
16.と分かれて右にトラバース。かかりの良いカチが美しく続きます。ボルダー無しのバリエーション「さの茶」もよく登られています。「スーパー 笹の茶・二段」からつなげる5.13b~cもあります。
ルート紹介

18.巨乳伝説 5.12b B8本(野上)
途中の穴でお茶を沸かせますが、そんな悠長なこと言っていては上部をこなせないのは確かです。

19.留吉 5.11a ★ B4本(野上)
権現ではアップルートですが、これが意外に悪い…。

20.吾衛門 5.11c B9本(野上)!
周囲で岩の崩落が続いていて危険。登らない方が賢明かも。

21.でぃだらぼっち 5.13d ★★ B?本(坂谷佳昭)
最新ルートです。めちゃめちゃ悪いです。ハイ・・!

権現谷ボルダートポ

・ボルダー課題
(1)笹の茶ボルダー 3級
(2)蛇の道ボルダー 初ニ段
(3)スーパー笹の茶 二段
(4)メイジュンノウ 三段
(5)無から始める無呼吸課題 三段

あと、下流の権現・河原エリア近くに、新しくボルダーエリアが拓かれています。興味のある方は、杉田さんに教えてもらってください。

★★ スターグレード。面白さ・ルートの質・人気度を示します。基本的に三ツ星が最高ですが、日本を代表するようなルートには四つ星が付きます。
! プロテクションやランナウト、岩の脆さ等、危険なルートに付きます。

【警告】

当エリアガイドは、クライマーへの情報提供を目的に公開していますが、情報の正確性及び完全性を保証するものではありません。また時間の経過により、掲載内容が現状と異なっていることがあります。クライミングは本質的に危険を伴うスポーツです。未経験者は必ず適切な指導者のもとで行ってください。すべて責任はクライミングを行なうあなた自分自身が負うものです。閲覧者様が当エリアガイドの情報を利用することによって生じるいかなる損害についても、サイト運営者、ならびに高梁川流域クライミング交流会運営委員が責任を負うものではありません。

高梁川流域のクライミングエリアを訪れた場合、以下のリンクを一読していただくようお願いします。
* エリアでの注意点・マナー


Comments are closed.