[リボルト報告]備中:ニューエリア

4月23日、4月24日の2日間でJFAリボルト職人認定講習会とリボルト作業を備中ニューエリアにて行いました。

リボルトが完了したルートは以下の通りです。
エリア右から
・テイクアチャンス
・定価ピンチ
・ランコロ
・ロマンチックまむし街道
・けもの道
・パンツインザジム
・残業手当
・ナインと思います
・MRSA
・吟じました
・フェイス
・フェイス

以上12ルートです。

これによりニューエリアでは「ういしいういしい」を除く全てのルートがリボルトを完了致しました。
詳細が知りたい方はTCNetまでお問い合わせ下さい。

※予定していた「ういしいういしい」は手違いにより今回は行えておりません。また近日中に行う予定です。

今回のリボルトでは多くの方に荷上げや荷下ろし、フィックス張り、その他様々なお手伝いを頂きました。
この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

-お願い-
今回も含め、国内の多くの岩場がJFAの資材提供「よってリボルトされ、より安全な支点への交換と維持がされています。
是非JFAに加入して下さい。
リボルトにかかる費用は会費によって賄われています。

-JFA入会案内-
https://freeclimb.jp/jfa/join.htm


【リボルト案内(事前告知)】備中:ニューエリア

4月22日 13:00 一部更新

24日(日)の天気が微妙ですが、JFAリボルト職人認定講習会及びリボルト作業を予定通り行います。
急な悪天等で日曜日のみ講習会や作業を行えず一部のルートで改めてリボルトの可能性も有ります。その際は改めて告知します。

4月15日一部更新

備中ニューエリアにて下記の日程でリボルト及びJFAリボルト職人認定講習会を開催致します。
この期間中にニューエリアの利用をご検討の方は、今後の案内も含め十分にご注意頂きますようよろしくお願い致します。

[リボルト日程と予備日]
予定日:令和4年4月23日(土)~24日(日)
予備日:令和4年5月14日(土)~15日(日)
※予定日が雨天の場合は予備日に変更します。
※進捗状況により日程を追加する場合もあります。

[ルートと登攀禁止期間]
4月23日~4月25日は以下のルートは登ることが出来ません。
・ういしいういしい
・定価ピンチ
・テイクアチャンス
・ランコロ
・ロマンチックまむし街道
・けもの道
・パンツインザジム
・残業手当
・MRSA
・ないんと思います
・吟じました
・フェイス
・フェイス

※ リボルト当日にニューエリアでクライミングをされる方は必ずヘルメットの着用をお願い致します。
※4月23日にニューエリアでクライミングを予定されている方で、荷上げをお手伝い頂ける場合、8:30頃にニューエリアの駐車場にお越し頂ければと思います。

[荷物・休憩]
リボルト資材を「親の心子知らず」~「けもの道」付近に置く予定ですので荷物置き場と休憩についてもこの付近はご遠慮頂ければと思います。

[手伝いのお願い]
※多くの方からお申し出頂きお手伝いに関しては十分集まりましたので、募集を中止します。ご協力ありがとうございます。
当日お手伝いいただける方は是非お願い致します。
作業内容は、資材運搬、リボルト補助、フィックス張り、エリア整備などです。
ヘルメットは必須です。エリア整備の道具等も各自ご持参下さい。
お手伝い頂ける場合、事前にTCNetまでご連絡頂けますと大変助かります。連絡はFacebookInstagramのメッセージ、HPのお問い合わせから等で構いません。

[JFA]
今回を含め、国内の多くの岩場がJFAの資材・人材提供によってリボルトされ、より安全な支点への交換と維持がされています。
まだJFAに加入されていない方は是非加入をお願い致します。
リボルト費用などは皆様の会費によって賄われています。
-JFA入会案内-
https://freeclimb.jp/jfa/join.htm

クライミングエリアはそこを利用するクライマーみんなで守って行ければと考えておりますので、引き続きご理解ご協力頂けるようお願い致します。

※備中・帝釈に関する情報がございましたらご連絡ください。情報共有させていただきます。
お問合せ:https://takahashigawa-climb.net/otoiawase/

※メールマガジンにご登録いただきますと、投稿を更新した際に通知いたしますので是非ご活用ください。
メルマガ登録:https://my.formman.com/form/pc/CyPwBuzTVeek4G3Q/

-高梁川流域クライミング交流会(TCNet)-


羽山ローカルルール徹底のお願い

備中羽山トンネルサイドにおいて、一部でルールが守られていない状況が確認されているようです。

羽山(トンネルサイド)エリアは公道に面した特殊なクライミングエリアです。
観光客が多く、クライマー以外の方の目に非常に晒されやすい場所という認識をしっかりと持って下さい。
羽山のルールを守って一般観光客や地元の方、またクライマー同士のトラブルを起こさないようにお願い致します。クイックドローの残置に関しては特にご注意ください。

羽山のルールを知らないクライマーも多いと思います。ルールを知らないと思われるクライマーにもなるべく早くこのルールを知ってもらえるように、是非このルールをお知らせ頂き守って頂くようにお伝え頂けるようご協力をお願い致します。


あと、これは基本事項ですが、クライミング後チョークの掃除もお願い致します。
羽山はチョーク跡が非常に目立ちます。

クライミングエリアはそこを利用するクライマーみんなで守って行ければと考えておりますので、引き続きご理解ご協力頂けるようお願い致します。

羽山トンネルサイドエリア・ルールと注意点

※備中・帝釈に関する情報がございましたらご連絡ください。情報共有させていただきます。
お問合せ:https://takahashigawa-climb.net/otoiawase/

※メールマガジンにご登録いただきますと、投稿を更新した際に通知いたしますので是非ご活用ください。
メルマガ登録:https://my.formman.com/form/pc/CyPwBuzTVeek4G3Q/

-高梁川流域クライミング交流会(TCNet)-


ランチマップ

備中エリアへクライミングに来られる方々より、高梁市にはクライミングが終わってからご飯を食べるところが少ないという話を良く耳にします。

そこで、高梁市の観光課が作成されています「ランチマップ」を紹介致します。

ランチマップという名前ですが、夜も営業されている所も多く掲載されていますので、夕食の際の参考にして頂けるのではないかと思います。

ランチマップvol.4 [PDFファイル/3.97MB]

クライミングエリアはそこを利用するクライマーみんなで守って行ければと考えておりますので、引き続きご理解ご協力頂けるようお願い致します。

※備中・帝釈に関する情報がございましたらご連絡ください。情報共有させていただきます。
お問合せ:https://takahashigawa-climb.net/otoiawase/

※メールマガジンにご登録いただきますと、投稿を更新した際に通知いたしますので是非ご活用ください。
メルマガ登録:https://my.formman.com/form/pc/CyPwBuzTVeek4G3Q/

-高梁川流域クライミング交流会(TCNet)-


登攀禁止徹底のお願い

クライマーの皆さまへ
登攀禁止エリア(ルート)では登らないようお願いします。

高梁川流域クライミング交流会(TCNet)では、地元や地権者からの指摘や、トラブル回避のためいくつかのエリアやルートに関して登攀禁止のお願いをしております。

これらのエリアやルートについては様々な事情があり登攀禁止にしておりますので、登攀や新たなルート開拓は行わないようお願い致します。

当然ながらこれらのエリアやルートで登攀し問題が起きた場合は、同伴者やビレイヤーについてもクライマーと同等の責任が生じると考えられます。

これらの禁止事項が守られず、将来的にエリア閉鎖などの重大なトラブルに発展する可能性が高いと判断されたときは、問題回避のためボルトやハンガーの撤去のお願い、もしくはTCNetにてハンガーを撤去させてもらう場合があります。

尚、現在TCNetにて登攀禁止としているエリアやルートは次の通りです。
・デッケンエリア全体
・学力石エリア全体
・カワセミエリア全体
・羽山(トンネルサイド)の一部
  天14b及び道路(県道300号)上にかかるすべての場所

クライミングエリアはそこを利用するクライマーみんなで守って行ければと考えておりますので、引き続きご理解ご協力頂けるようお願い致します。

※備中・帝釈に関する情報がございましたらご連絡ください。情報共有させていただきます。
お問合せ:https://takahashigawa-climb.net/otoiawase/

※メールマガジンにご登録いただきますと、投稿を更新した際に通知いたしますので是非ご活用ください。
メルマガ登録:https://my.formman.com/form/pc/CyPwBuzTVeek4G3Q/

-高梁川流域クライミング交流会(TCNet)-


お願い[用便の処理について]

年末・年始及び成人の日を含む連休では多くの方が備中・帝釈を含む高梁川流域のクライミングエリアに登に来られていました。
以前より度々問題となっている事ですが、各エリアで用便の処理や雉場利用方法に関し苦情が入っています。
そこで仕方なくエリアで用便をする際は以下の徹底をお願いいたします。
・「大便」「紙」については携帯トイレやフリーザーバックなどを利用して持ち帰ってください。
・やむを得ず持ち帰りができない場合、最低でも20㎝は穴を掘り処理するようにして下さい。
・最低でも「紙」は必ず持ち帰るようにして下さい。紙は自然にかえりません。

クライミングエリアはそこを利用するクライマーみんなで守って行ければと考えておりますので、引き続きご理解ご協力頂けるようお願い致します。

※備中・帝釈に関する情報がございましたらご連絡ください。情報共有させていただきます。
お問合せ:https://takahashigawa-climb.net/otoiawase/

※メールマガジンにご登録いただきますと、投稿を更新した際に通知いたしますので是非ご活用ください。
メルマガ登録:https://my.formman.com/form/pc/CyPwBuzTVeek4G3Q/

-高梁川流域クライミング交流会(TCNet)-