トップロープの支点について

T.O隊長の掲示板への書き込みを転載します。
ロワーダウン用残置ビナだけでのトップロープは危険です。トップロープをする場合は、各自でクイックドローやスリングをセットしておこなってください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前からたまに見かけて気になっておりましたが、一向に減らないので、もしかしたら知らないでやっている方もいるのではないかと思い書き込みします。
トップロープでクライミングをしている方で、支点として終了点の残置カラビナをそのまま使っている方がおられますが、これは間違っているのでやめていただきたい。
トップロープをする際は、支点はクイックドローか、スリングを使って自分で作って下さい。(支点は2ヶ所以上から取り、カラビナのゲートの向きは互い違いに、安全環付を使うなど忘れないように!)
理由は2つあります。
1つは、公共物である残置カラビナの磨耗をなるべく減らす為、もう一つは、合間に他のクライマーがリードクライミングする時に、終了点が占有されているとロワーダウンできないからです。
この書き込みの意味がよくわからない方は、私や周りの理解している方によく確認して下さい。
トップローピングの是非については、ここではおいておきます。
よろしくお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

終了点の種類と使い方(JFA)


This entry was posted in 岩場の情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。